中間貯蔵施設は本当に中間貯蔵施設なのだろうか?

中間貯蔵施設を巡る問題が気になっている。

野田首相も細野環境相も、中間貯蔵施設の放射性廃棄物は30年後には福島県外に最終処分場をつくって移すと言っている。

いまは除染などを迅速に進める必要があるため、高濃度の放射性廃棄物を30年ほど仮置きする中間貯蔵施設をできるだけ早く用意しなければならないというわけだ。

「30年ほど中間貯蔵施設に仮置きしたあと最終処分場に移す」という主旨のことをなんとも軽々しく政府が口にしているように聞こえてならない。30年というのは私の感覚では「仮置き」と言うにはとてつもなく長い。それにつくろうとしている施設は、かなり広大で堅牢な施設になるに違いない。きっといつ最終処分場に化けても不思議ではないと思えるようなものになるだろう。

もちろん政府もいろいろ検討したのだろうが、厄介極まりない放射性廃棄物を30年間も置いておける広大な場所など日本国内には見当たらない。当たり前だ。自分の地元が放射線で汚染される可能性があるのに「はい、そうですか」と引き受ける者はいない。

素人考えでちょっと広めの無人島に中間貯蔵施設をつくれないだろうかと一瞬思ったが、離島に広大な施設をつくるのは大変だし、放射性廃棄物をわざわざそこまで運ぶのにも余分な手間がかかる。それに広大な施設をつくることができるほどの無人島がおそらく存在しないだろう。

ならばすでに福島第一原発事故によって高濃度に汚染されてしまった地域に、申し訳ないが中間貯蔵施設をつくらせてもらおう、というのが政府の考えだ。こんなことを書くと福島県の方々に怒られてしまいそうだが、政府の言っていることは一応スジが通っているように思える。

この政府の方針に対して双葉町の井戸川克隆町長は「われわれの土地がさらに住めなくなるような中間貯蔵施設の設置を許すわけにはいかない」と述べている。

これも当然の反応である。

さて、この問題はこの先どのように進展していくのだろうか。

実は私が気になっているのは、政府や東京電力といった今回の事故において最も大きな責任を負っている当事者たちが、その責任をきちんと果たすかどうかというところにある。

過去数多くの事例で、政府やその共謀者たちは何ら責任を果たしてこなかった。その結果悔し涙に暮れた人びとは膨大な数に上る。

ちょっと考えただけでも、公害病や薬害エイズ、B型C型肝炎、アスベスト、最近では諫早湾干拓事業や八ッ場ダムなどがすぐに思い浮かぶ。ある程度の補償がなされているものもあるが、どれも十分とは言えない。それに国が被告となって賠償する場合、その賠償金は国庫から出される。つまりわれわれの税金が使われるのであって、責任を負うべき政治家や官僚は口を拭ってほくそ笑んでいるだけだ。

何故そのようなことになるか、その理由の一端は以下のようなことにあると思う。

どのような問題でも当事者ではない人びとが圧倒的多数を占める。今回のような大事故でさえ、被害者は日本の人口のごく一部に過ぎない。結局世論を形成するのは、圧倒的多数を占める当事者以外の人びとということになる。

原発事故のために避難生活を余儀なくされている人は11万人以上に上るといわれているが、それに対して日本の人口は約1億3千万人である。

残念なことだが過去の事例では、世論を形成する当事者以外の人びとが被害者たちの立場になって考えることができず、いわば彼らを見殺しにしてきたというわけだ。政府が実に身勝手な愚策を考えたとしても、それに反対する世論が盛り上がらなければ実行されてしまうことになる。そして政治家や官僚は、大衆を操るのが実にうまい。

今回のケースでも考えれば考えるほど、今後の筋書きとしてあまりいいものが見えてこない。最悪のケースは、難を逃れた当事者以外の人びとがまたも被災者の気持ちを汲み取ることができずに、彼らを見殺しにしてしまうことだ。

そんなことは断じてあってはならない……と思うが、……物事はなかなか思うようには運ばない。現時点では双葉郡や福島県の人びとが、放射性廃棄物という厄介なものを一方的に押しつけられる可能性はかなり高まったと言っていい。

勝手な想像に過ぎないが、これからこの問題がどういう風に進むか考えてみたい。

まず、どんなに地元住民が反対しても、政府が中間貯蔵施設を双葉郡につくるという案に固執することは確実だ。前にも書いたように、私は中間貯蔵施設の設置場所として、すでに放射性物質によって高濃度に汚染されている双葉郡を候補としたことは間違っていないと思う。

だが絶対に見逃しては行けないことがある。政府がこの問題について大ウソをついている点だ。

政府は双葉郡に中間貯蔵施設を作り30年間放射性廃棄物を保管するが、その後は県外に最終処分場を作りそこにすべて移すと言っている。

「ウソつけ!」と言ってやりたい。

現段階では、世界中の英知を集めても放射性廃棄物を安全なものにする技術は確立されていない。30年後までに新たな技術が開発されるかもしれないし、されないかもしれないのだ。

30年後、中間貯蔵施設内の放射性廃棄物がまだ数百年から数万年、厳しい管理下に置く必要がある代物だとしたら、いったい日本のどの地域がそれを受け入れるというのだろうか。もしも私の地元に放射性廃棄物の最終処分場をつくりたいと言われたら、それはきっぱりとお断りするだろう。

つまり政府は、30年後に福島県外で最終処分を行うと双葉郡や福島県の人びとに約束できないはずだし、してはいけないのだ。

野田首相は現在54歳。細野環境相は40歳。30年後彼らは84歳と70歳である。関わった官僚たちも責任者レベルの人間は皆高齢者となっているだろう。そしてもし、30年後に最終処分場をつくることができなかったとしても彼らはこういうだけだ。「あの時の判断は間違っていなかった。そうするしか方法がなかった」と。そして今回いい加減な口約束をした者たちは誰一人責任を問われないし反省もしないだろう。

本来、現段階で政府が言えるのは「30年後に福島県外で最終処分ができるよう全力で努力する」ということだけだ。仮に30年後、まだ放射性廃棄物の安全な処分方法が開発されていなかったとしたら、双葉郡につくられた中間貯蔵施設がそのまま存続しつづけることは間違いない。放射性廃棄物はどこにも移動されない。なぜなら完全に安全な放射性廃棄物の処理方法が見つからない限り、最終処分場を受け入れる地域がないからだ。

もし、双葉郡に中間貯蔵施設の設置をお願いするのなら、そのことをはっきりと説明し、それを前提に住民への補償を考えるべきなのだ。

ひどいいい方だとは思うが双葉郡の住民は、中間貯蔵施設が30年以上存続することを前提に、金銭やその他の待遇などできるだけ多くの補償をもとめ、新たな土地で生活を再建するべきだと思う。現段階ではくれぐれも「できるだけ早く元の土地に戻れるように努力します」などといういい加減な言葉を信じないことだ。

政府ははっきりと真実を住民に説明し、しっかりと補償をした上で、双葉郡に中途半端な中間貯蔵施設をつくるのではなく、国家の威信をかけた放射性廃棄物処理の研究施設をつくってもらいたい。世界中から優れた研究者を集めて研究すれば、もしかすると30年後を待たずに安全な最終処分場の建設が叶うかもしれない。

30年が短縮されるとしたらそれはそれで素晴らしいことではないか。

余計なお世話かもしれないが、最後に双葉郡の自治体や住民の方々に十分注意して欲しいことをひとつ書いておく。

それは自分たちが悪者にされないように気をつけて欲しいということである。
「なに言ってんだ、被災者なのに悪者にされるはずないだろ」
と思うかもしれないが、実はそうではない。

今後もし双葉郡の自治体が、中間貯蔵施設の設置を拒否し続けるという選択肢を選ぶとすれば、十分にそのような事態は考えられるのだ。

前述したように私は、双葉郡に中間貯蔵施設を設置するという案が(それが正しいかどうかは別だが)、現時点ではもっとも合理的な案だと思っている。おそらく双葉郡以外の、それも除染開始を心待ちにしているような地域の人びとの中には、私と同様の考えを持つ人はある程度いるはずである。

それなのに双葉郡の了解がとれず中間貯蔵施設の設置が頓挫し、結果的に広範囲な地域の除染がなかなか順調に進まないという事態になったらどうなるか……。

いつのまにか政府や東電ではなく双葉郡の方々が批判の対象にされかねない。それが世論というものだ。そして政府は世論の風向きを十分に観察しながら強硬突破を仕掛けてくるだろう。そうなってしまったら住民への補償額さえ政府にコントロールされてしまう。

ではどうやってそれを避けるか。

方法は一つ。双葉郡は問答無用で拒否の姿勢をとるのではなく、多くの人が納得するような明確な理由を示せばいい。そうすれば双葉郡の方々は被害者であり拒否するのが当然、というポジションをなんとか維持することができる。

中間貯蔵施設の設置を拒否する明確な理由としては「30年後に最終処分場を福島県外につくり、放射性廃棄物を移す」と政府が大ウソを言っていることを上げればいい。

政府がもし折れて、「30年後に最終処分場を福島県外につくり、放射性廃棄物を移せるかどうか確実ではない」と認めたら、それを前提にたっぷりと補償金を請求すればいい。故郷を台無しにされたのだから当然のことである。

くれぐれも狡猾な政治家と役人を甘く見ないようにして欲しいと思う。

2012年1月16日(月)NPO法人公共情報センター 福地敏治

いま「物語屋」で販売しているマウリッツハイス美術館所蔵作品(複製画)

フェルメール作、真珠の耳飾りの少女の画像
フェルメール《真珠の耳飾りの少女》
マウリッツハイス美術館所蔵

フェルメール作の絵画のなかで日本では最もよく知られている作品。実在の人物を描いた肖像画ではなく、不特定の人物の胸あたりから上を描いたトローニーと呼ばれる作品とされていますが、自分の娘の一人をモデルにしたという説もあります。

漆黒の背景に鮮やかな色彩の衣装、美しい少女の顔、みずみずしい唇、そして輝く真珠の耳飾りというさまざまな要素が絶妙のバランスで描き込まれている魅力的な作品です。

複製画販売の物語屋トップページはこちらです。

複製画の商品ページはこちらです。

フェルメール作、デルフトの眺望の画像
フェルメール《デルフトの眺望》
マウリッツハイス美術館所蔵

わずか2点しかないフェルメールの風景画の1点。生涯暮らしたデルフトの港と街の様子を描いたもの。

19世紀半ば頃、人々からその存在を忘れ去られていたフェルメールは、この作品を絶賛した美術評論家の論文によって再評価されるようになります。

またフランスの小説家マルセル・プルーストは、この絵を「世界でもっとも美しい絵」と評し、その代表作『失われた時を求めて』の中にこの絵を登場させています。

生涯を過ごしたデルフトの街に対するフェルメールの愛着を強く感じさせる作品です。

複製画販売の物語屋トップページはこちらです。

複製画の商品ページはこちらです。

レンブラント作、テュルプ博士の解剖学講座の画像
レンブラント《テュルプ博士の解剖学講義》
マウリッツハイス美術館所蔵

オランダ絵画の巨匠レンブラントは集団肖像画を得意としましたが、その最初の傑作が本作品。

アムステルダム外科組合主任解剖官ニコラス・テュルプ博士の公開解剖学講義の様子を描いたもの。当時アムステルダムに居を移したばかりだったレンブラントはテュルプ博士ら数人から依頼を受けこの集団肖像画を描き、高まりつつあった名声を不動のものとします。

後の傑作《夜警》にもつながるレンブラントの創意溢れる作品です。

複製画販売の物語屋トップページはこちらです。

複製画の商品ページはこちらです。

レンブラント作、スザンナの水浴の画像
レンブラント《スザンナの水浴》
マウリッツハイス美術館所蔵

『旧約聖書続編 ダニエル書補遺 スザンナ』を描いた宗教画。

裁判官という地位にある二人の長老が共謀して美しく貞淑な人妻スザンナを襲うが未遂に終わります。長老たちは自分たちの保身のためにスザンナを死罪にしてしまおうと画策しますが、神の命を受けたダニエルによってスザンナは救われ、長老二人は滅びるという話。

この物語を描いた絵画の多くは、裸体のスザンナと醜い長老二人をセットで描いていますが、レンブラントは裸体のスザンナが不安そうに振り返った姿だけで表現していることが特徴的です。

複製画販売の物語屋トップページはこちらです。

複製画の商品ページはこちらです。

ライスダール作、漂白場のあるハールレムの風景の画像
ライスダール《漂白場のあるハールレムの風景》
マウリッツハイス美術館所蔵

ライスダール(ロイスダール)はオランダ絵画黄金期においてもっとも評価された風景画家です。

本作品はライスダールが生まれ育ったオランダ中部の街ハールレムを描いたもの。広い空と美しい雲、地上にはその雲によってできた美しい光と陰のコントラストが描かれています。

遠景には今でもオランダと聞くと思い浮かぶ風車の姿がいくつも描き込まれた美しい作品です。

複製画販売の物語屋トップページはこちらです。

複製画の商品ページはこちらです。

ページトップへ物語屋トップへ