小事にこだわってはいられない
2009年2月3日(火)

ベンジャミン・ディズレーリの名言

人生は短すぎる。小事にこだわってはいられない。

ペリクレス

いいかね、諸君。われわれは小事について長談義しすぎている。

ベンジャミン・ディズレーリ
初世ビーコンズフィールド伯ベンジャミン・ディズレーリ(Benjamin Disraeli, 1st Earl of Beaconsfield, 1804年12月21日 - 1881年4月19日)は、イギリスのヴィクトリア朝期の政治家。首相(在任:1868年、1874年 - 1880年)。宿敵ウィリアム・グラッドストンと共にヴィクトリア期のイギリス政党政治を牽引した。また、小説家としても活躍した。ちなみに、現在に至るまでイギリス首相となったユダヤ人はディズレーリのみである。愛称はDizzy。

1876年に伯爵を授けられ、ビーコンズフィールド伯となった。ディズレーリの死後、伯爵位の継承者はなく廃絶した。(出展:ウィキペディア)

ペリクレス
ペリクレス(Pericles、紀元前495年? - 紀元前429年)は、古代アテナイの政治家。愛人アスパシアとの間に生まれた庶子で、後に軍人になった小ペリクレスと区別して大ペリクレスとも呼ばれる。

父は紀元前479年のミュカレの戦いの指揮官クサンティッポス、母はクレイステネスの姪。思想上はアナクサゴラスの弟子であった。

紀元前462年、貴族派のキモンが出征中の不在を狙って、民主派のエフィアルテスとともにアレオパゴス会議の実権を奪って、全アテナイ市民による政治参加を促進した。翌年、キモンが陶片追放によって正式に国外追放されると、以後15年間アテナイの第一人者の地位を独占する。

このころ、ペルシャ戦争に勝利したアテナイは全盛時代を迎えていた。大国ペルシャの脅威が薄れると、デロス同盟々主であったアテナイは、その同盟資金を自己の繁栄のために流用するようになった。デロス同盟は対ペルシャ防衛機関という本来の主旨を失い、アテナイ帝国を支える機関へと変質を遂げていたのである。ペリクレスもパルテノン神殿などの公共工事に同盟資金を積極的に流用しアテナイ市民の懐を潤した。

アテナイが同盟内のポリスに対して専制的に振る舞うようになると、同盟から離脱しようとするポリスとの間に対立が生じるようになる。また、ペルシャ戦争の勝利に大きな貢献をしたもう一つの有力ポリススパルタもアテナイの動きを冷ややかに見ていた。

スパルタがデロス同盟から離反したポリスを支援するようになると、紀元前431年、両者の間に戦争が勃発した(ペロポネソス戦争)。ペリクレスは強力なスパルタ陸軍に対し籠城策をとり、海上決戦の機会を狙っていたが、翌年城内に伝染病が発生したことで多くの市民が犠牲となって急速に市民の支持を失い、自らも病に罹って没した。この時に取った戦争方針から「防御的な行動で敵の疲弊を待ち、現状維持を狙う戦略」をペリクレス戦略と呼ぶことがある。

ペリクレスは弁舌に優れた政治家であった。格調高いペリクレスの演説は現代にまで伝えられ(例:トゥキディデス『戦史』巻二 35〜46)、欧米の政治家の手本となっている。(出展:ウィキペディア)